ネットビジネスの税金について

ネットビジネスは税金はどうなるのか

ある程度ネットビジネスを続けていきますと、新たな悩みが生じる事があります。税金です。そのビジネスでお金を稼ぐ事ができた場合、確定申告の手続きをする必要はあります。ただし申告が必要であるか否かは、稼ぐ金額次第です。

ネットビジネスは納税は必要

もちろんネットビジネスは、収入を得ることはできます。方法によっては、かなり大きな収入を得ることも可能です。
ところでお金を稼げば、税金を支払う必要があります。サラリーマンの方々は、所得税を支払っているでしょう。会社からお金を受け取って、それに対する税金を支払う訳です。
サラリーマンだけではありません。パートで働いている主婦も同様です。ある一定以上の収入を稼ぎますと、パートのお勤め先に関する所得税を支払わなければなりません。
税金を支払うのは、ネットビジネスも同様です。現にそのWEBのビジネスで稼いでいる方は、自力で確定申告している事も少なくありません。

所得が20万円以上なら手続きは必要

ただネットビジネスは、「必ず」納税が必要であるとは限りません。年間の所得が20万円を超えているかどうかが、ポイントになります。20万円を超過しているなら、納税に関する手続きを踏む必要はあります。20万円未満なら、その手続きは必要ありません。
そしてポイントは、「所得」である点です。収入ではありません。
例えば1年間に稼いだ金額が23万円であり、それに対する経費が5万円かかっている時は、申告は不要です。この場合、23万円から5万円を引き算すると、所得金額は18万円になります。年間20万円という金額に達していない訳ですから、確定申告する必要はないのです。

ネットビジネスに関わる領収書は保管すべき

このためネットビジネスで稼ぐなら、あらゆる領収証は保管しておく必要があります。例えばネットビジネスで稼ぐ為に、何か有料ツールなどを買った場合は、その領収証は保管しておく方が良いでしょう。領収書でなく、レシートでも構いません。いざという時には、その領収書が必要な事もあるからです。

ネットビジネスの納税手続きは複雑なのか

それを聞くと、ネットビジネスの納税は少々難しいと思われるかもしれません。確かに最初の内は難しく感じますが、慣れればそれほど大変ではありません。ポイントを押さえておけば、意外と簡単です。まして最近ではWEBで簡単に確定申告できますし、それほど専門的な知識は求められません。
ただ仕入れの数が多くなった時などは、税理士に任せてみる選択肢もあります。税理士の依頼費用はかかりますが、面倒な税金の計算を代行してくれますし、前向きに検討してみる価値はあります。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です