×
×

R+house 盛岡南、建築家とつくる住宅

Menu

R+house 盛岡南、建築家とつくる住宅

Menu

疑問に思うことから

Wrote by /2017.02.11

工学的な判断の上で設計されることを「デザイン」と考えます。

 

工学的とは自然や利用するエネルギー・構造などと人の状態などを考察すること。

 

意匠はあくまでスタイルといった位置づけでしょうか。装飾的なスタイルを「足し算」と考えると、これは意外と簡単なことなのかもと思ったりもします。

 

「なぜそれが必要なのか」

 

工学的な判断に基づいたデザインは、むしろ「引き算」といった印象。

 

よく目をこらすと周囲にも「引き算」のデザインがあふれています。

iphone

LAMYのボールペン

などなど。

 

「なぜそれが必要なのか」

 

 

疑問に思ってみてみると、少しだけ自分がデザインに求めるているものに気づかされたりします。

「賢い家づくり勉強会」など各種セミナー、また個別相談など随時承っております。

お問い合わせ

PAGE TOP

Copyright (C) R+house Morioka Minami Inc. All Right Reserved